2009年6月27日午後 松江市小学生春期管楽器講習会が開催されました。
内中原小学校を会場に松江市内の10の管楽器クラブから230人が集りました。
昨年より40人くらい多い参加数で全員が集まれる部屋もなかなかありませんので、今回は体育館も使わせていただきました。
初心者クラスと中上級者クラスに分けて指導します。
指導スタッフのリーダー平山先生の挨拶から。

指導スタッフは昨年に引き続き「松江ウインドアンサンブル+サポート」のメンバーに加え、今回は「島根大学音楽研究室」のみなさんの協力を得て総勢40人体制です。
初心者クラスは、楽器の手入れの仕方や音の出し方・姿勢など基礎的な事を時間をかけて指導してもらいました。
ユーホ:初心者クラス
トランペット:初心者クラス
体育館では中上級クラス全員で合奏形式による指導をしました。
コラールや「風になりたい」を練習しました。
6月下旬と言いながら少々暑くて大変でしたね。
打楽器:初心者クラス
クラリネット:初心者クラス
フルート:初心者クラス
トロンボーン:初心者クラス
ホルン:初心者クラス
中上級クラス:休憩時間の光景ですがマウスピースの奏法指導などあったり。
 
 
  
 
  
講習会最後には初級クラスの子も多少加わって「風になりたい」を演奏して締めくくりました。
保護者・指導者・小学生・関係者の皆様お疲れ様でした。